紅白RPG合戦2 公式ブログ
運営サイドのコメント帳
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/12/16(日) 22:35 アンケート
【作品No.045】虹色冒険譚
こんばんは。
アンケートも一段落したので、今日は運営でもあり、
参加者でもあるイヌハルさんのアンケートをご紹介したいと思います。

今作「虹色冒険譚」は、紅白RPG合戦2の準公式作品という位置づけなのですが、
制作のほぼ全てをイヌハルさんお一人で行われた作品です。
今までとは違う制作方法を取られたようで、
中々苦労する面もあったようですね。

それでは、イヌハルさんのアンケート回答、いってみましょ~!


・まずは自己紹介をお願いします。
イヌハルと申します。
創作全般に興味があり、今はゲームと音楽を主に作ってます。
酒飲み。



・ズバリ、座右の銘を一言!
「わからない」


・ゲーム制作歴はどのくらいでしょうか?
ガキの頃、友人とカードゲームとかボードゲーム創ってたから、14年くらい。
ツクールは、スーファミのツクール2からです。とはいえプレステ2が発売された頃に買ったので、ツクール歴は10年ちょっとくらいです。



・今回参加された作品の制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?
10ヶ月くらい。


・今作の見所は!?
キャラクターです。
共同企画ということで、前回の紅白で知り合ったメンバーにキャラクター案を出していただき、僕はそれを自分のストーリーで動かしていただけ・・・ というスキームでした。 活かしきれてない点もありますが、参加メンバーの活き活きとしたキャラクターをご査収くださいませ。



・「ここを作るのは辛かったなぁ」なんてところがあれば教えてください。
ぶっちゃけると、僕は性格的に自分は共同制作に向いていなく、参加メンバーから「ここをもっとこうしろ!」って言われると混乱してしまい、作業が中断してしまうことが多々有りました。そういう意味では、他の人から借りていたキャラクターを動かすのに、非常に苦労した記憶があります。
あと実はゲームが苦手なので、テストプレイに苦戦しました。



・逆に「ここは楽しく作れたよ」というところがあれば教えてください。
全般的に楽しく作れました。
エンディングなんかは、すごく興奮しながら作ってました。


・ストーリーはどういった感じで決めていますか?
(例 世界観から決める
   お風呂の中で決めるなど)

まず、テーマを決めます。
虹色も、実は詩人の詩のテーマに基いて制作されてたりします。パクリじゃなくて、解釈をそのままストーリーに反映させる感じです。わけわからんこと言ってごめんなさい。
根底にあるのは、「読後感のある、詩や小説のような作品が作りたい」という意識だと思います。


・戦闘バランスに関して気を付けていることはありますか?
今回は沢山の参加者がいる中で、自分の作品に時間をかけさせるわけには行かないと考え、「ストレスを感じさせないバランス」を意識しました。
途中まで・・・。
後半は、力尽きて手を抜いたところもあります。


・最後に「あなたの作品に対する
     こだわりについて、自由に語っちゃって下さい!」

今回の作品は、先程の「読後感」以外は、こだわりはありません。自然体で作品を完成させられるようにしました。



猫村 雪
お疲れ様でした。
イヌハルさん、ご回答ありがとうございます。

イヌハルさんがホストをされている、スカイプでのチャット会議にお集まりの皆さんが
キャラを持ち寄り、制作がスタートした今作。
色々な人の想いが込められた作品なので、
公式作品としてはもちろんのことより、
記念作品という意味合いも強いかもしれませんね。

原作のあるキャラクターも、本作オリジナルのキャラクターも、
それぞれがきちんと違和感なく混ざり合っていて、
見所として十二分に物語を彩られてました。
そこに苦心されたご様子ですが、
やっぱりプレイする側だと、製作者の苦労は分かりづらいものですね笑

こだわられた部分の一つである読後感は、
物語がとても綺麗にまとまっていて、
エンディングを見た後でスッキリするというか、
ほっと一息つけるような、そんな感覚で、
一冊の本を読んだ気分になりました。

素直に今後のご活躍が楽しみになる作品でした。
これからも頑張ってくださいね。応援しております。

それでは以上、イヌハルさんでした~。

コメント:0 トラックバック:0

【作品No.046】あすなな   -アストリア王国騎士団第七小隊- の作者様Hiraさんにインタビュー! 【作品No.044】ファントムルーラー
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。