紅白RPG合戦2 公式ブログ
運営サイドのコメント帳
2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/12/11(火) 00:26 アンケート
【作品No.42】十少女漂流記 のもえるユキダルマさんにアンケート!
皆さんこんばんは。
本日一人目の回答者は、作品No.42十少女漂流記の作者、
もえるユキダルマさんです。

それではさっそく、
もえるユキダルマさんの回答、いってみましょ~!




・まずは自己紹介をお願いします。

作品No:42『十少女漂流記』のもえるユキダルマです。
えっちなのはいけないと思います。


・ズバリ、座右の銘を一言!

良いも悪いもロリコン次第

・ゲーム制作歴はどのくらいでしょうか?

9か月くらいでしょうか。

・今回参加された作品の制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?

1週間です。
原作の素材を流用しましたので……。


・今作の見所は!?

主人公が帰らぬ人となって、センチメンタルな気分が味わえるところです。

・「ここを作るのは辛かったなぁ」なんてところがあれば教えてください。

全てです。時間との戦いでした。
バランスを取る時間がほとんど無くて……。
元々はツクール2000で別の作品を出品しようとしてたんですが、
間に合わず、比較的慣れたVXaceでの外伝に切り替えました。


・逆に「ここは楽しく作れたよ」というところがあれば教えてください。

無いです。TT
次回作こそは余裕をもって、楽しくリベンジさせてもらいたいです!
幼女が主人公のツクール2000のゲームは楽しく作ってたんですけど……。


・ストーリーはどういった感じで決めていますか?
(例 世界観から決める
   お風呂の中で決めるなど)

浮かぶだけならわりといくらでも浮かびます。1日平均1個くらいのもんですが。
その中でボツを乗り越えるのはほんのわずかですね。
ただ、そこまで来られるのとなると、歴史に残ってる著作権切れの名作が原作ってのが多いです。
やっぱり、歴史に残ってる作品にはプロットレベルですらなかなか勝てませんね……。
ちなみに、そういった作品にも、さらに影響を受けた
元となる作品があるということが実はけっこうあるのです。
そうして元となった作品をどんどん辿っていくと……『十少女漂流記』が『バトルロワイヤル』や
『BTOOOM!』と同じところに行きついたりしますw 信じられます?w
ついでに言うと、『無人惑星サヴァイヴ』や、僕は見たこと無いですが
『ふしぎな島のフローネ』も同じです。


・戦闘バランスに関して気を付けていることはありますか?

できる限り全作品でバランスを変えることですね。
デフォルトバランスよりHP低めが基本です。
ただ、そうすると攻撃防御の数値幅を低くせざるを得ないことから、
相手が弱いとノーダメージという状況が生じやすくなりますね。><
あとは、時間が許す限りのテストプレイですかね。
ただ、僕がマゾいバランスに慣れてるだけあって、入念に調整するほど、
難しすぎるという方向の不評意見が多くなるという。><


・最後に「あなたの作品に対する
     こだわりについて、自由に語っちゃって下さい!」

ストーリーの分岐ややりこみ要素はできる限り作りたいですね。
あとは、女の子を魅力的に書きたいとは常々思ってます。





猫村 雪
お疲れさまです。
もえるユキダルマさん、ご回答ありがとうございました。

あまりにユニークな座右の銘でしたので、
不覚にも口元が緩んでしまいました笑

一週間で作り上げられたというのが驚きでした。
以前3ライン同時制作されてるとお聞きしていたので、
すごいな~とは思っていたのですが、
きっとアイディアの引き出しが豊富なんですね!

タイトルではそのまま十五少年漂流記をモデルにされたのかな?と思っていたのですが、
バトルロワイヤルの要素なんかも取り入れられてたんですね。
そういった元になった作品を辿るのも、楽しいものですね(^^)

これからもゲーム制作頑張ってくださいね!
応援しています!

それでは以上、もえるユキダルマさんでした~。

コメント:0 トラックバック:0

【作品No.025】BIRD CAGE2の RRRさんにアンケート! 【作品No.21】女神戦記 のたねなしぶどうさんにアンケート!
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。