紅白RPG合戦2 公式ブログ
運営サイドのコメント帳
2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012/12/31(月) 18:58 連絡・更新情報
運営のご挨拶
皆さんこんばんは。
大晦日を迎えると共に、紅白もついに最終日となりました。

本日を持ちまして、運営としてのサポート業務は終了とさせて頂くため、
感想掲示板や、紅白会場はそのまま残すものの、
DLリンクの期限切れ等には、対応できなくなりますのでご注意ください。

その場合、HPをお持ちでない作者様のゲームは
プレイできなくなる可能性もあるため、
気になっているゲームをまだ未プレイの方は、DLをお早めにお願い致します。

今年もたくさんの製作者様にご参加頂き、
一イベントとしてとても有意義なものにすることができました。
これもひとえに製作者様やプレイヤーの皆様、
並びに応援してくださった皆様のおかげと、
この場を借りて厚くお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


今後も、皆様の創作魂の発展、活躍を祈りまして、
暫くの間さようならとさせて頂きます。

ではでは。良いお年をッ!!


紅白RPG合戦2 実行委員会一同
スポンサーサイト

コメント:1 トラックバック:0

2012/12/28(金) 22:24 アンケート
【作品No.027】ロウズクエスト2の作者 蒼月様にアンケート!
今年の終わりも近づいていましたね~
みなさん、今年も楽しく過ごせたでしょうか?
紅白RPG合戦が少しでもみなさんの思い出に残ってくれれば
運営一同、光栄の至りです><

さてさて、それではアンケートの回答に移っていきましょう!
【作品No.027】ロウズクエスト2 の作者様 蒼月様から回答を頂いています
はりきってどうぞー!


・まずは自己紹介をお願いします。

蒼月と申します。
読みは「あおつき」です。


・ズバリ、座右の銘を一言!

継続は力なり。

・ゲーム制作歴はどのくらいでしょうか?

だいたい5年間ぐらいでしょうか。


・今回参加された作品の制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?

たったの2日です。

・今作の見所は!?

ギャグシーンくらいしかありませんねぇ(汗)

・「ここを作るのは辛かったなぁ」なんてところがあれば教えてください。

マップ製作が一番大変でしたね。
違和感を感じさせないようにするのは意外と難しいです。


・逆に「ここは楽しく作れたよ」というところがあれば教えてください。

キャラクター同士の会話を考えるのは楽しかったですね。
とくに、時々現れる選択肢の3番目を考えるのは楽しかったです。
どんな選択肢が現れるかはプレイしてからのお楽しみです。

・ストーリーはどういった感じで決めていますか?
(例 世界観から決める
   お風呂の中で決めるなど)


行き当たりばったりです。
最初と最後を決めて、後はその時のノリです。


・戦闘バランスに関して気を付けていることはありますか?

雑魚敵ならボタン連打でもある程度戦える難易度にすることですね。
ほとんど勘で決めていますけど…。

・最後に「あなたの作品に対する
     こだわりについて、自由に語っちゃって下さい!」


なるべくプレイヤーの皆様にストレスを感じさせないように作るようにしています。
テンポよく、楽しくプレイできたと感じていただければ幸いです。

ちなみに、今回のゲームに登場する地名や武器の名前には、すべて由来があるのですが
わかる人はいるでしょうか?



グルコサミン
制作期間2日とは・・・
一気に完成まで突っ走ったのですねー
しかし、2日であれだけのクオリティを出せるのはすごいです…。
それも制作の経験からなせる技なのでしょうか?
継続は力になり すごく簡単に見えて本当に難しいことですよね
これからもゆっくりとご自分のペースで制作を続けていけることを切に願っています^^
蒼月さん、アンケート回答ありがとうございましたー!

コメント:0 トラックバック:0

2012/12/22(土) 11:54 アンケート
【作品No.015】Tower of Ouranos ~ ウラノスの塔 ~
こんばんは。
本日もアンケートが届きましたのでご紹介させて頂きます。

届いたのは作品No.015 Tower of Ouranos ~ ウラノスの塔 ~の作者、
Rinkyさんのアンケートです。

主題歌の採用等Rinkyさんのこだわりを感じる今作。
パズルゲーム要素や、色々な試みに挑戦されており、
ゲームとしての構成に、プレイヤーを飽きさせない様
様々な工夫が散りばめられていて、とても好印象な作品でした。

そんなRinkyさんのアンケート回答、いってみましょ~!



・まずは自己紹介をお願いします。

Rinkyと言います。
しがないサラリーマンやってます。

基本的に、ゲーム大好き人間みたいです。
とくにゲーム音楽が大好物なので、サントラ集めとか結構やってます。(もう、いい歳なのに。。ToT)



・ズバリ、座右の銘を一言!

棚からぼた餅。
年末ジャンボ当たれー



・ゲーム制作歴はどのくらいでしょうか?

「ウラノスの塔」第1話が処女作なので...1年半くらいです。


・今回参加された作品の制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?

1年半です。。(こ、、効率が悪すぎる。。)


・今作の見所は!?

ストーリーを楽しんで貰えたら嬉しいです。
あとこれは人の褌で相撲を取る感じですが、主題歌を初めとした
珠玉のサウンド達をぜひ聴いて頂きたいです。
本当に素晴らしいので。


・「ここを作るのは辛かったなぁ」なんてところがあれば教えてください。

 RGSSをいじるのが、、、辛かったです。。 しょっちゅう「ウキーッ! 動かーん!」ってなってました。


・逆に「ここは楽しく作れたよ」というところがあれば教えてください。

 道中に登場するパズルとか、キャラクターの掛け合いとかは楽しんで作れたと思います。


・ストーリーはどういった感じで決めていますか?

 要となるストーリーや設定はブレずに決めておいて
 あとはインスピレーションに任せてシナリオを書いています。
(なんか、無意識の中にいるもうひとりの自分が作ってるイメージ??)
 なので、どんなストーリーになるか自分でも楽しみだったりします。(ぉい。。。)



・戦闘バランスに関して気を付けていることはありますか?

 ザコは弱く、ボスは強く。
 ...のつもりなんですが、全然実践できていません。。


・最後に「あなたの作品に対するこだわりについて、自由に語っちゃって下さい!」

 作る側も、プレイする側も、楽しめる作品になる様に心がけて制作しています。
 私自身、まだまだ経験不足な点もありますので、この作品と一緒に
 もっともっとレベルアップしていきたいと思っています!



猫村 雪
お疲れ様です。
Rinkyさん、ご回答ありがとうございました。

王道ファンタジーRPGとして、とてもしっかり作りこまれていた作品ですが、
まさか処女作だとは驚きでした。
どんなストーリーになるか自分でも楽しみというのは、
完全にストーリーを固めてから作る制作方法とは
また違った制作への興趣があって楽しそうです(*^^*)

今回の作品でも十分に楽しませて頂きましたが、
これから更にレベルアップしていくRinkyさんの続編も
楽しみにさせて頂きます(^^)

これからも頑張ってくださいね!
応援してます!

それでは以上、Rinkyさんでした~。

追伸
年末ジャンボ当たるといいですね(^^♪

コメント:0 トラックバック:0

2012/12/19(水) 21:30 アンケート
【作品No.17】エストリア大陸戦記 のふぃるさんにアンケート!
こんばんは。
本日ご紹介する作者様は、
作品No.17 エストリア大陸戦記ふぃるさんです。

紅白でも、数少ないシミュレーションRPGで
参加してくださった今作。
あまり同ジャンルの経験がない雪は
新鮮なプレイ感覚ですごく楽しめました。

シミュレーションRPGがお好きな方は、
是非一度プレイすることをオススメします(^^)

それではふぃるさんのアンケート回答、いってみましょ~!




・まずは自己紹介をお願いします。
ふぃると申します。
以後、お見知りおきを。



・ズバリ、座右の銘を一言!
有言実行


・ゲーム制作歴はどのくらいでしょうか?
RPGツクール2が出た頃から少々嗜み始め、
RPGツクール3やSRPGツクールでは何作か完成させました。
その頃からなので15年?(途中間が抜けたり等あるので実際はその半分くらい?)



・今回参加された作品の制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?
紅白に出す分までで2、3年かかっていますが、
仕事が忙しくて間が空いたりしているので実 制作時間は2年もないでしょう(´・ω・`)



・今作の見所は!?
システム面全般です。
物語なんて飾りです(´・ω・`)



・「ここを作るのは辛かったなぁ」なんてところがあれば教えてください。
テキストを打ち込む作業。
ゲームの仕様上、テキストのみで物語を進行させることが多い為、量が増えてくると辛いです。



・逆に「ここは楽しく作れたよ」というところがあれば教えてください。
システム面ですね。
自分が思った通りにプログラムを組めた時はやはり嬉しいです。



・ストーリーはどういった感じで決めていますか?
(例 世界観から決める
   お風呂の中で決めるなど)
先に世界観とゴール(目的)を決めてしまいます。
次いでスタート(主人公やその周辺)を 決めて、道筋は大まかにしか決めません。
一応フローも作ってありますが、その場のノリで肉付けすることが多いので当てになりません。
エターなるの第一歩ですね(´・ω・`)



・戦闘バランスに関して気を付けていることはありますか?
各キャラクター間のパラメータ調整やクラス調整に気を遣っています。
キャラクター数が多いので、量産型にならないようにしつつバランスも保つのは難しいですね・・・。



・最後に「あなたの作品に対するこだわり」について、自由に語っちゃって下さい!
このゲームが作りたくてツクールVXを買いました。
自分なりにかなり思い入れのある作品ですので、どれだけかかっても必ず完成させます。





猫村 雪
お疲れ様です。
ふぃるさん、ご回答ありがとうございました。

今作に注ぎ込んだ熱意が伝わってくる内容ですね。
システムには特にこだわられたようで、
雪も時間を忘れてのめり込んじゃいました。

ご自身も強い思い入れのある作品とのことで、
今後更に素敵な展開を見せて頂けるのかと思うと
今からワクワクしてしまいます(*^^*)

完成までモチベーションを維持して頑張ってくださいね!
応援してます!

以上、ふぃるさんでした~。

コメント:0 トラックバック:0

2012/12/18(火) 21:44 アンケート
【作品No.29&No.40】リンガイア戦記&ワールドフロンティア のリーナさんにアンケート!
本日ラストは作品No.29のリンガイア戦記
そして、作品No.40 ワールドフロンティア
上記二作で参戦して頂いたリーナさんのアンケート回答です。

どちらのゲームも素晴らしい個性を持ったゲームで
この二作を同時制作されてたのかなと考えると
ただただ脱帽するばかりのすごい作品達です。

それではリーナさんのアンケート回答、いってみましょ~!




・まずは自己紹介をお願いします。

会員NO34、リーナです
作品No29「リンガイア戦記
作品No40「ワールドフロンティア


・ズバリ、座右の銘を一言!

やるならやらねば

・ゲーム制作歴はどのくらいでしょうか?

ツクール3からだと7,8年?
VXからだと3,4年


・今回参加された作品の制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?

ワールドフロンティアは3年
リンガイア戦記は10ヶ月


・今作の見所は!?

ワールドフロンティアは自由に冒険出来る事
パーティ構成やアイテム集め、イベントを追う順序等
プレイヤー個人で全く違うプレイスタイルで楽しんで頂ければ幸いです


リンガイア戦記はカードを手に入れる時のワクワク感と
レベルアップの爽快感を再現できれば良いかな


・「ここを作るのは辛かったなぁ」なんてところがあれば教えてください。

処理の重さと容量の大きさ、スクリプトの競合との戦い
イラスト素材を戦闘アニメやステ画面用に加工する作業
競合対策でコモンイベントを使って条件分岐を2、300個くらい手動で組んだりとか
データ量が多くどうやって整理するか悩んだりとか


・逆に「ここは楽しく作れたよ」というところがあれば教えてください。

スキルやイベント、システムがイメージ通りうまく動いた時
キャラが勝手に動いた時


・ストーリーはどういった感じで決めていますか?
(例 世界観から決める
   お風呂の中で決めるなど)
TVやニコ動、YouTubeなどで面白そうな内容をアレンジして再現してみる
キャラの性格等は素材を見た瞬間にインスピレーションで決める


・戦闘バランスに関して気を付けていることはありますか?

イベント戦闘はアッサリ控えめ
ザコ戦闘はほどほど濃密
ボス戦はこってり濃厚

・最後に「あなたの作品に対する
     こだわりについて、自由に語っちゃって下さい!」
コンセプトを決めたらそれを徹底する
プレイヤーさんがキャラを動かせる時間を多くする
自分でツクりたいものを作って
それが周りにも楽しんでもらえればそれが一番





猫村 雪
お疲れ様でした。
リーナさん、ご回答ありがとうございます。

コモンイベントで条件分岐2、300個ですか(@_@;)
その労力を想像しただけで、
リーナさんの作品にかける意気込みが伝わります。
漠然とすごいなぁとは思っていたのですが、
すごいで片付く規模じゃありませんでしたね。

自由に冒険できるワールドフロンティアは、
その自由さから、主人公にしっかりと自己投影できる作りになっており、
RPG本来の楽しさを存分に味わわせて頂きました。

リンガイア戦記も見所に上げられている通り、
カードを集めるシステムにコレクター心をくすぐられ、
両作品共に、リーナさんの表現したかったものが
しっかりと実現されていたように感じました。

ご自分のツクりたいシステムの発想を基に、
それを実現させるために重ねた努力は
きっと並大抵のものじゃないんだろうなぁと思います。

それを見事に作りきったリーナさん。
ホントに尊敬してしまいます。

どちらの作品も本当に楽しませて頂き、
次はどんなゲームを作られるのかな、と
気にせずにはいられない作者様です。
これからも頑張ってくださいね!

それでは以上、リーナさんでした~。

コメント:0 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。